Rss

退職前に転職活動を始めよう

転職活動の悩みとして、会社を退職してからするかどうかがあります。朝や夜といった時間でないと、仕事をしながらの転職活動できません。書類の作成なら問題はありませんが、面接に進めば転職先の業務時間中にということになりますから、仕事を続けながらでは対応が困難になります。

18時、19時といった夜に面接をしてくれるような企業もありますが、仕事が常に定時で終わるとか限りませんし、仕事を投げるわけにも行きませんから、面接に遅刻という事態もありえます。そうでなくても面接は気を使いますから、遅刻だといってあわてて面接に向かう事態は避けたいものです。

ですが、対応が可能であるなら転職活動は在職中に行う方が好ましいです。
時間的な制約はなくなりますが、収入もなくなりますから。貯金があれば当面はしのげますが、転職活動がどの程度かかるかはわかりません。問題なく活動可能な期間はどれぐらいかは、しっかり把握した方がよいでしょう。

収入はあるが活動時間に制限がある在職中の活動と、活動時間は自由となるが収入がなく活動期間に制限がある退職後の活動。
それぞれ長所・短所をよく考えて自分に向いた方を選ぶとよいでしょう。

私が使っていたサイトの

転職エージェントには独自のネットワークがあるから、1人で仕事探しをするよりも効率的にいい仕事が見つかるよ!転職エージェントだけが持ってる特別な求人や、一般には募集していない良い条件の求人も見つかる
参考:転職カモの転職エージェントランキング/企業を渡り歩く転職カモにお任せ!

まずは可能なら退職前に活動を始めて、続けることが無理そうであれば退職を考えるのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です